"オーストリアのワイン"

オーストリア地図

他の多くのヨーロッパの国々と同様ワインの文化の歴史は古く、ローマ人によってもたらされました。気候は大陸性で降水量が少なく、ドイツに比べて温暖で、白はよりボリューム感のある辛口、赤はタンニンの強いフルボディが多くみられます。栽培地域はウィーン(Wien)を含む東部4州に集中し、中でもニーダーエスターライヒ(Niederösterreich)州とブルゲンラント(Burgenland)州が代表的な生産地で、国全体の生産の90%ほどを占めています。比較的温暖な気候(北緯47~48度)に恵まれ、フランスのブルゴーニュ地方とほぼ同緯度にあります。

ニーダーエスターライヒ(Niederösterreich)州は、オーストリア東北部にあり、この国のワイン生産面積の約60%を占めています。 その中でもヴァグラム(Wagram)地区はこの国における有機農法の発祥の地でもあり、有機農法への関心が高いことで知られています。 ヴァグラムはクレムス(Krems)市とクロスターノイブルグ(Klosterneuburg)市の間にあるドナウ河流域にあり、レス土(löss 黄土)と石灰岩を含むミネラル豊富な土壌に恵まれています。 グリューナー・ヴェルトリーナー(Grüner Vertliner)とリースリング(Riesling)の2種の白ワインに、高い評価を得ているものが多くあります。

他の2つの代表的な生産地、ブルゲンラント(Burgendand)州や、シュタイヤーマルク(Steiermark)州についても、よいワインが見つかり次第ご紹介してまいります。

白ワイン用ぶどう

リースリング ドイツで広く栽培されている白ワイン用品種で、マスカットなどのフルーツを想わせる香りが特徴のワインが造られます。 上質な白ワインとしては、シャルドネ、ソヴィニヨン・ブランと並んで3大人気ワインの一つです。 イタリア、フランス、アメリカ、オーストラリアなどでも広く栽培され、辛口から甘口まで様々なワインが造られます。 世界的にはミュラー・トゥルガウ(Müller-thurgau)という名称で知られています。
別名: ミュラー・トゥルガウ
Riesling このぶどうから造られるオーストリアワインは 
グリューナー・ヴェルトリーナー グリューナー・ヴェルトリーナーはオーストリア在来種であり、オーストリア産白ワインの約30%を占める最も重要な品種。一般的にはフルーティでスパイシーな香りがあり、はつらつとしたフレッシュな酸味にかすかなペッパーのブーケが感じられます。
Gruener Vertliner このぶどうから造られるオーストリアワインは