"ポルトガルワインの主な産地"

ポルトガルワイン産地

ポルトガルのワイン生産地は、大きく6つほどの地域に分けられます。それぞれの地域を順に見ていきましょう。

ヴィーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)地域は、ポルトガル最北部、大西洋寄りの広い地域でドウロ河の北からスペイン国境までの、いわゆるミーニョ(Minho)地方を主とする、全国の10%を占める一大ワイン生産地で、大西洋の暖流に囲まれ比較的雨量が多く、夏は涼しく冬は暖かいなだらかな丘陵地帯にあります。ぶどう農家は小規模な生産者を含め7万を数え、微発泡のワイン、ヴィーニョ・ヴェルデの生産地として有名です。

ドウロ(Douro)地域は、ポルトガル北部のポルト(Porto)市からドウロ河上流100km、さらにそこからスペイン国境までの約100kmの、ドウロ河に沿った山間の地域です。周囲を標高1000mに近い山々に囲まれた夏暑く、冬寒い雨量の少ない地域でポートワインの生産も行われています。ぶどう栽培者は約3万で、ここで収穫されるぶどうの40%程度はポートワインに向けられます。

ダン(Dão)地域ドウロ河南方にあり、大西洋とスペイン国境のちょうど中間にあたる丘陵地で日照に恵まれ周囲の山々が海や大陸から吹いてくる強風を防いでいます。夏暑く雨量が少ないぶどうの成熟には適した地域です。1900年のパリ万博で金賞を獲得し一躍世界に脚光を浴びた後、一時期ワイン生産、品質のの低迷期がありましたが、現在では昔の栄光を取り戻し、力強くかつタンニンを十分に含んだ重厚な香り高い優良のワインが生産されています。

バイラーダ(Bairrada)地域は、ポルト市南方、アヴェイロ(Aveiro)市からコインブラ(Coimbra)市へと海岸沿いに広がる、ダン地域の中で大西洋寄りのワイン産地です。この地方のワインの歴史は古く建国時代に遡るといわれています。赤ワインにはこの地域固有のバガ(Baga)と呼ばれる小粒で濃色なぶどうが使われます。

リスボア(Lisboa)地域は、リスボンから大西洋海岸に沿って北に延びる地域で、ワイン生産量では国内2位を誇り、最近までエストレマドゥーラ(Estremadura)と呼ばれていました。 9つの代表的なDOCがあり、南部にはブセラス(Bucelas)、カルカヴェロス(Calcavelos)、コラレス(Colares)の伝統ある3つのDOCが集中しています。 優れた白ワインやスパークリングワインを産出します。 主な白ワイン用ぶどう種には、アリント、フェルナン ピレス、マルヴァジアなど、そして、赤ワイン用ぶどう種には、アリカンテ ブーシェ、アラゴネス、トゥリガ フランカ、トリンカナシオナル、トリンカデイラなどがあります。

アレンテージョ(Alentejo)地域とは、アレンテージョとはテージョ(Tejo)河の向こう側という意味で、ポルトガルの南部に位置し全国の30%を占める広大な地域です。 なだらかな丘が連なり夏は気温が高く、雨量が少ない農業地域で、小麦、とうもろこし、コルク樫、牧場の間に ぶどう畑が広がっています。近年ワインの品質の向上が著しい有望な地域です。

マデイラ(Madeira)地域リスボンから南西に約1000km、アフリカ沿岸から約600kmの大西洋上に浮かぶ小さな島で、温暖な気候と美しい自然に恵まれ「大西洋の真珠」と呼ばれヨーロッパ有数のリゾート地。 標高1750mの山があり海岸線の断崖も含めて標高差のある段々のぶどう畑が広がっています。 世界的に有名なマデイラワインはここで造られます。 ポルトガルサッカー代表のクリスチアーノ・ロナウドが生まれたところでもあります。

ヴィーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)地域

赤ワイン用ぶどう

ヴィーニャオ Vinhão。 この地域全域で推奨されている高品質の赤葡萄。レッドガーネットカラーでとても香味の在るバランスの良いフルボディーのワインを生む。
Vinhao このぶどうから造られるポルトガルワインは 

白ワイン用ぶどう

ローレイロ 果実は中粒で香り高く、味も濃く適度の酸を持ちアルコール度もかなり高くなる収穫の多い優良品種。ローレルの香りがする。ヴィーニョ・ヴェルデに於けるローレイロの評価は高い。
Loureiro このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ベデルナン Pedernão Arintoのこと。 バイラーダ地域でArinto(アリント)と呼ばれる。果実は小さく黄みを帯びた色で密着した房。味は濃厚、酸度が高いのが特長の収穫量の多い品種。
別名: アリント
Pedernao このぶどうから造られるポルトガルワインは 
トラジャドゥラ 果実は大きくやや黄がかった緑色で繊細なアロマがある。生まれるワインはデリケートで香気がある。ヴィーニョ・ヴェルデに加えてボディとアルコールを強化する。密着した房の中位の収穫量の品種。
Trajadura このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アルヴァリーニョ もともとスペインのガリシア州やポルトガルの北西部、ヴィーニョ・ヴェルデ地方、リマ川とスペインとの国境に接するミーニョ河の間で栽培されていた。近年は南の方でも栽培されている。
果実は中粒でややピンクを帯びた香り高く、大変エレガントな内容の充実した優良品種。アルコール度も高く重厚なワインが生まれる。
Alvarinho このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アザール 果実は完熟して緑色で酸は非常に強く、香りはあまり強くなく晩熟豊産系。典型的な”グリーン”(若々しく酸の高い)風味のワインが生まれる。
Azal このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アヴェッソ 香り高く、酸はやや低めながら濃厚なフルボディのワインが生まれる。
Avesso このぶどうから造られるポルトガルワインは 

ドウロ(Douro)地域

赤ワイン用ぶどう

トウリガ・ナシオナル ポート用の最上品種、ポルトガル・ダン地方でも栽培される。深い色調の濃密極まるタニックなワインに仕上がる。力強く熟成により香り高いワインとなる最高品種のノーブルなぶどうである。
Touriga Nacional このぶどうから造られるポルトガルワインは 
トウリガ・フランセーザ ポート用の優良品種。Touriga Francaと呼称される。ドウロ地方で最も多く栽培されているポルトガル古来のぶどう品種の一つでポートワイン、ドウロワインには欠かせない香気豊かな良質のぶどう。トウリガ・ナシオナルとは異なる性格を持つ。
別名: トウリガ・フランカ
Touriga Francesa このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ティント・カン Tinto Cão。 ポート用の優良品種。すでに8世紀からドウロ地方で知られているまさに古い品種で高貴、デリケートでフローラルなワインを生む。他の優良品種とブレンドされて優良ワインを生む。
Tinto Cao このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ティンタ・バロッカ ポート用の優良品種。ブレンド品種。頑強でドウロの厳しい気候に耐えられる栽培のし易いぶどう。。単独でも質の高いまろやかなワインを生む。
Tinta Barroca このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ティンタ・ロリス スペインのリオハのテンプラニーリョと同じ品種でポルトガルのアレンテージョ経由で1800年ごろ入って来たのでは?アレンテージョではアラゴネスと呼ばれている。土地や気候に順応する品種でドウロ、エストレマドゥラ、リバテージョなど各地で栽培される。濃色、フルボディでフルーティなポートワイン、テーブルワインを生む。
別名: アラゴネス
Tinta Roriz このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ティンタ・アマレーラ ポート用優良品種。ポルトガル古来のぶどうでブレンドされて優良なポート、テーブルワインを生む。皮が薄く腐れや病気に弱い。栽培は少ない。アレンテージョ地方ではトリンカディラと呼ばれて主要の赤品種。
別名: トリンカデイラ
Tinta Amarela このぶどうから造られるポルトガルワインは 

白ワイン用ぶどう

マルヴァジア・フィナ 大変優れた地方のオリジナル品種で繊細な香りを持ちエレガントなアロマと蜂蜜のフレーヴァーに微妙な酸を感じるワインに仕上がる。他の優良品種とブレンドして使われる。ポートワインの優良品種でもある。
Malvasia Fina このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ゴウヴェイオ ポート用の優良品種。マデイラ酒に用いるヴェルデーリョと同じ品種で実りも良く高糖度のぶどう。
Gouveio このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ヴィオジーニョ ドウロ、トラス・オス・モンテスで集中して栽培されているポートワイン用品種、他とブレンドして優秀なワインを生む。
Viosinho このぶどうから造られるポルトガルワインは 
エスガナ・カン Esgana Cão。 マデイラ酒用品種セルシアルのドウロ地方での別名。酸の高い品種で辛口のワインに仕上がる。
Esgana Cao このぶどうから造られるポルトガルワインは 

ダン(Dão)地域

赤ワイン用ぶどう

トウリガ・ナシオナル ポート用の最上品種、ポルトガル・ダン地方でも栽培される。深い色調の濃密極まるタニックなワインに仕上がる。力強く熟成により香り高いワインとなる最高品種のノーブルなぶどうである。
Touriga Nacional このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ティンタ・ロリス スペインのリオハのテンプラニーリョと同じ品種でポルトガルのアレンテージョ経由で1800年ごろ入って来たのでは?アレンテージョではアラゴネスと呼ばれている。土地や気候に順応する品種でドウロ、エストレマドゥラ、リバテージョなど各地で栽培される。濃色、フルボディでフルーティなポートワイン、テーブルワインを生む。
別名: アラゴネス
Tinta Roriz このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アルフロシェイロ・プレト ポルトガル・ダン地方で最も良く知られているブレンド向きのぶどうで、殆んどのダンワインに使用される。濃色で糖度が高い。アルフロシェイロとだけ呼ばれる事もある。
Alfrocheiro Preto このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ジャエン ハエンとも呼ばれる。 スペインのアンダルシア地方の名称にもかかわらず、ポルトガルのぶどう品種で色はやや濃い目、酸は低くタンニンも強くないのでブレンド用に使われワインをソフトにする。
Jaen このぶどうから造られるポルトガルワインは 
バスタルド ドウロの品種で収穫が早く樹勢強く、豊産タイプで酸が低く糖度が高い。ブレンド用としてダン南部でかなり高い比率で使われる。
Bastardo このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ティンタ・ピニェイラ 色薄く、酸も低い平凡なダンワイン用の地のぶどう。
Tinta Pinheira このぶどうから造られるポルトガルワインは 

白ワイン用ぶどう

エンクルザード ポルトガル・ダン地方の最も優れた典型的なダン白ワイン用のぶどう品種で、収穫量は低いが調和の取れた香り高いワインを生む。ポルトガルで大変に人気のあるダンワインの白を生む。エンクルザード品種、すなわちポルトガルの第一級ワインと考えられている。
Encruzado このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アサリオ・ブランコ アリント・ド・ダンとも呼ばれ豊産で中程度のアルコールのワインに仕上がる。
Assario Branco このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ボラード・ダス・モスカス バイラーダでビカル(Bical)と呼ばれる品種で酸高くアルコールも高い品種。
別名: ビカル
Borrado das Moscas このぶどうから造られるポルトガルワインは 
セルシアル・ダン CercealあるいはCerceal do dãoとも呼ばれ、マデイラの高級品種Cerceal(英語でSercial)とは異なる品種といわれる。豊産で酸は高く糖度はやや低め。
Cerceal do dao このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ヴェルデーリョ・ダン Verdelho do Dãoと呼ばれ、マデイラのVerdelhoと別の品種と言われる。酸の高いぶどう。
Verdelho do dao このぶどうから造られるポルトガルワインは 
マルヴァジア・フィナ 大変優れた地方のオリジナル品種で繊細な香りを持ちエレガントなアロマと蜂蜜のフレーヴァーに微妙な酸を感じるワインに仕上がる。他の優良品種とブレンドして使われる。ポートワインの優良品種でもある。
Malvasia Fina このぶどうから造られるポルトガルワインは 

バイラーダ(Bairrada)地域

赤ワイン用ぶどう

バガ バイラーダの特産で皮が厚く小粒。バガはベリーの意味。濃色で果実香が強く酸とタンニンが大変強い。長い熟成に耐えられるワインに仕上がる。
Baga このぶどうから造られるポルトガルワインは 
カステラン Castelão Castelão Franscês、Joãn de Santarêm、Periquita等その土地により別名がある。ポルトガル全国で広く栽培されている優良品種。果実香高い濃色、重厚なワインに仕上がる。
別名: ペリキータ
Castelao このぶどうから造られるポルトガルワインは 
モレト 色の薄いこくの少ないワインに仕上がる。バガにブレンドして柔らかな味を出す。
Moreto このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ティンタ・ピニェイラ 色薄く、酸も低い平凡なダンワイン用の地のぶどう。
Tinta Pinheira このぶどうから造られるポルトガルワインは 

白ワイン用ぶどう

ビカル ダン地域のBorrado das Moscasと同じぶどう品種。香りもほどほどに良く、酸、糖度も高くなる品種でスパークリングワインにも向く。
別名: ボラード・ダス・モスカス
Bical このぶどうから造られるポルトガルワインは 
マリア・ゴメス Fernão Piresとも呼ばれる。スパークリングワインにも向きリバテージョでは辛口の樽熟成のワインにも貴腐による甘口のワインにも使われる万能型のぶどう。香り高く個性的なワインを生む。
別名: フェルナンピレス
Maria Gomes このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ラボ・デ・オヴェーリア Rabigatoとも呼ばれ果房は大きく早熟で収穫期が早く糖度の高いぶどう品種。
別名: ラビガト
Rabo de Ovelha このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アリント アリントはヴィーニョ・ヴェルデのPedernãoと同一種。酸が強く、時としてはレモン風味のワインに仕上がる。バランスの良い酸が他のぶどうとブレンドされて良質の白ワイン、スパークリングに仕上がる。
別名: ベデルナン
Arinto このぶどうから造られるポルトガルワインは 
セルシアル 英語ではSercialとも表記。 ぶどうの成熟が遅い酸の強い品種。 最も辛口でかつ上品なマデイラワインを生む。 最も標高の高いところで栽培される。
別名: エスガナ・カン
Cerceal このぶどうから造られるポルトガルワインは 

リスボア(Lisboa)地域

赤ワイン用ぶどう

アリカンテ・ブーシェ アルコール分が高く多収量であり、赤い果肉のぶどうで濃色であるので着色に使われることが多いが、このぶどうから出来た素晴らしい銘醸ワインもある。グルナシュとアリカンテ・ブーシェの交配によって造られたフランスの黒ぶどう種。
Alicante Bouschet このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アラゴネス Tinta Rorizと同一種。スペインのリオハのテンプラニーリョと同じ品種でポルトガルのアレンテージョ経由で1800年ごろ入って来た。アレンテージョではアラゴネスと呼ばれている。土地や気候に順応する品種でドウロ、リスボア、リバテージョなど各地で栽培される。濃色、フルボディでフルーティなポートワイン、テーブルワインを生む。
別名: ティンタ・ロリス、テンプラニーリョ
Aragonez このぶどうから造られるポルトガルワインは 
トウリガ・フランカ ポートワインに用いられる代表的なぶどう種のひとつ。 ドウロ地方で最も多く栽培されている。トウリガ・ナシオナルに比べ軽く、まろやかな香りが特徴。
Touriga Franca このぶどうから造られるポルトガルワインは 
トウリガ・ナシオナル ポート用の最上品種、ポルトガル・ダン地方でも栽培される。深い色調の濃密極まるタニックなワインに仕上がる。力強く熟成により香り高いワインとなる最高品種のノーブルなぶどうである。
Touriga Nacional このぶどうから造られるポルトガルワインは 
バガ バイラーダの特産で皮が厚く小粒。バガはベリーの意味。濃色で果実香が強く酸とタンニンが大変強い。長い熟成に耐えられるワインに仕上がる。
Baga このぶどうから造られるポルトガルワインは 

白ワイン用ぶどう

アリント アリントはヴィーニョ・ヴェルデのPedernãoと同一種。酸が強く、時としてはレモン風味のワインに仕上がる。バランスの良い酸が他のぶどうとブレンドされて良質の白ワイン、スパークリングに仕上がる。
別名: ベデルナン
Arinto このぶどうから造られるポルトガルワインは 
フェルナンピレス ポルトガルで広く栽培される白ぶどうで、ブレンドに用いられることが多い。フローラルな香りと穏やかな酸味に加えて柑橘系の味わいが感じられる。バイラーダ地方では、マリア・ゴメスの名で呼ばれ、スパークリングワインにも用いられる。
別名: マリア・ゴメス
Fernao Pires このぶどうから造られるポルトガルワインは 
マルヴァジア ポルトガルのマデイラでは、濃醇極まるマデイラワインを生みます。成熟は早くリッチで色が濃く蜂蜜のようなワインに仕上がります。

イタリアでは全土で栽培されますが、丘陵部と平野部では大きく異なるワインになります。 石灰質の丘陵地帯では、黄色がかった麦わら色で、アルコール度が高く桃か杏の香りを持つ甘口ワインに、一方平野部のものは緑がかった麦わら色でアルコール度が低くレモンのかおりを持つ飲みやすいワインになります。
Malvasia このぶどうから造られるポルトガルワインは 

アレンテージョ(Alentejo)地域

赤ワイン用ぶどう

アラゴネス Tinta Rorizと同一種。スペインのリオハのテンプラニーリョと同じ品種でポルトガルのアレンテージョ経由で1800年ごろ入って来た。アレンテージョではアラゴネスと呼ばれている。土地や気候に順応する品種でドウロ、リスボア、リバテージョなど各地で栽培される。濃色、フルボディでフルーティなポートワイン、テーブルワインを生む。
別名: ティンタ・ロリス、テンプラニーリョ
Aragonez このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ペリキータ Castelão、Castelão Franscês、Joãn de Santarêm、Periquita等その土地により別名がある。ポルトガル全国で広く栽培されている優良品種。果実香高い濃色、重厚なワインに仕上がる。
別名: カステラン
Periquita このぶどうから造られるポルトガルワインは 
モレト 色の薄いこくの少ないワインに仕上がる。バガにブレンドして柔らかな味を出す。
Moreto このぶどうから造られるポルトガルワインは 
トリンカデイラ Tinta Amarelaと同じ、ドウロ地域の項で説明。アレンテージョの主要優良品種、アラゴネスとのブレンドは絶妙。
別名: ティンタ・アマレーラ
Trincadeira このぶどうから造られるポルトガルワインは 

白ワイン用ぶどう

ロウペイロ アレンテージョの主要品種。Síriaとも呼ばれる。早飲み型のベーシックな香り高いワインに仕上がる。
Roupeiro このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ラボ・デ・オヴェーリア Rabigatoとも呼ばれ果房は大きく早熟で収穫期が早く糖度の高いぶどう品種。
別名: ラビガト
Rabo de Ovelha このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アンタンヴァズ Antão Vaz。 フルボディでエレガントなアロマ、ミネラルをしっかり含みブレンドされて質の高いワインを生む。
Antao Vaz このぶどうから造られるポルトガルワインは 
アリント アリントはヴィーニョ・ヴェルデのPedernãoと同一種。酸が強く、時としてはレモン風味のワインに仕上がる。バランスの良い酸が他のぶどうとブレンドされて良質の白ワイン、スパークリングに仕上がる。
別名: ベデルナン
Arinto このぶどうから造られるポルトガルワインは 

マデイラ(Madeira)地域

赤ワイン用ぶどう

ネグラ・モール マデイラ島で200年にわたり栽培され栽培面積は最大。凡庸ながら実用的な品種。果粒が小さな黒ぶどうで栽培される標高と共に甘味が変わる。
Negramoll このぶどうから造られるポルトガルワインは 

白ワイン用ぶどう

セルシアル 英語ではSercialとも表記。 ぶどうの成熟が遅い酸の強い品種。 最も辛口でかつ上品なマデイラワインを生む。 最も標高の高いところで栽培される。
別名: エスガナ・カン
Cerceal このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ヴェルデーリョ ドウロ地域のGouveioと同じ、黄金色で小粒、皮が硬い。 マデイラワインとしては2番目に辛口タイプとなる。
Verdelho このぶどうから造られるポルトガルワインは 
ブアル Boalとも書く。 黄金がかった茶色の果実。上質で芳醇なマデイラワイン用品種。半甘口のマデイラワインを生む。
Bual このぶどうから造られるポルトガルワインは 
マルヴァジア ポルトガルのマデイラでは、濃醇極まるマデイラワインを生みます。成熟は早くリッチで色が濃く蜂蜜のようなワインに仕上がります。

イタリアでは全土で栽培されますが、丘陵部と平野部では大きく異なるワインになります。 石灰質の丘陵地帯では、黄色がかった麦わら色で、アルコール度が高く桃か杏の香りを持つ甘口ワインに、一方平野部のものは緑がかった麦わら色でアルコール度が低くレモンのかおりを持つ飲みやすいワインになります。
Malvasia このぶどうから造られるポルトガルワインは