1914(大正3)年、大阪南部の気候や土壌を生かしてぶどう栽培を始め、ワインの醸造元として出発。世界でも最高の品質を誇る日本の梅との出会いを機に、数々の商品開発を経て、1959(昭和34)年にリキュール類(梅酒)の製造・販売を始めました。
1962(昭和37)年に蝶矢洋酒醸造株式会社を設立、1990(平成2)年に今のチョーヤ梅酒株式会社に社名を変更。

和歌山をはじめとする日本国内の梅産地の生産者が取り組む、有機栽培、特別栽培、完熟栽培など、より良い梅酒づくりのための研究や活動をチョーヤは協力しています。