パッラ・ヒメネス ワイナリー(2010年5月撮影) ロゴ ラマンチャ地方 風車(2010年5月撮影)

ラマンチャ地方の有機ワイン先駆者

Bodegas Parra Jimenez

スペイン ボデガス・パッラ・ヒメネス
パッラ・ヒメネス 3人兄弟(2010年5月撮影)
スペインの内陸部に位置するラ・マンチャ地方は、メセタ(高原台地)と呼ばれる、高原が果てしなく続くような不思議な美しさを持つ地形。ワイン生産量はスペイン全体の50%を占める。乾燥し寒暖の差が大きい上に強い風が吹く厳しい気候により、病害の影響を受けにくい。

ボデガス・パッラ・ヒメネスは家族経営のワイナリー。現当主フランシスコ、ハビエル、ルイスの三兄弟の躍進で、現在ではラマンチャ最大のオーガニックワインメーカーである。

2003年に建てられた現在のワイナリーは、ドン・キホーテで有名なクエンカ村の、「クエスタコローラ」(赤い斜面の意)というラマンチャの平原を見下ろす小高い丘にある。近くには昔ながらの風車が並ぶ丘、「カンポ・デ・クリプターナ」(Campo de Criptana)や、映画「エル・シド」のロケが行われたベルモンテ(Belmonte)の町があり、観光名所となっている。 

パッラ・ヒメネス ブドウ畑(2010年5月撮影) パッラ・ヒメネス ワインセラー パッラ・ヒメネス ブドウ畑